ツムギラボ

日本の伝統工芸や手仕事による服作り

有松絞り

絞りの町有松は、江戸時代の初め、徳川家康が江戸に幕府を開いてまもない
慶長13年(1608年)に、絞り開祖竹田庄九郎らによって誕生しました。

有松絞り400年の歴史は、尾張藩が有松絞りを藩の特産品として保護し、
竹田庄九郎を御用商人にとりたてたことからはじまりました。
旅人が故郷へのお土産にと、きそって絞りの手拭、浴衣などを買い求め、
これが街道一の名産品となり、その繁盛ぶりは、北斎や、広重の浮世絵にえがかれたが、
鳴海の宿は有松を描いたもので、「名産有松絞り」と記してあります。

昔の繁盛と、日本建築の美しさを今に伝える町並みは、200年を経過した貴重な文化財です。
その景観は、名古屋市の街並み保存指定第一号として、また全国町並み保存連盟の発祥地としても知られています。

1.型彫

先に図案の選定と配色の決定が行なわれ図案が
決定したら、よく切れる小刀やハト目抜きで
模様を切り抜いたり穴をあけて、型紙を作ります。

 
 

2.絵刷り

出来上がった型紙を布の上に置き、刷毛で青花を模様に刷り込んで写します。
青花は露草(栽培用)の色素を酸で抽出し、和紙に浸み込ませて乾燥させたもので、必要に応じて小さく切り、小皿に置き少量の水で溶いて使います。

 
 

3.くくり

通常4~5人の家庭へ次々と廻されて、加工されます。
技法により様々な加工方法及び道具が異なります。
代表的な道具では、鳥口台・鹿の子台・巻き上げ台などがあります。

 
 

4.染色

専業の染屋によって各種の染色が行われます。
絞り染めの染色は、一般に浸染めで行われますが、
特種な染め方をする場合もあります。
染液は、用布に適した染料、助剤などを使用してつくる。
また用途や量によっても染料が違い、染め方が変わってきます。

 
 

5.糸抜き

絞り染めは糸を締めることによって防染をするので、とくに堅く糸留めをしています。
糸抜きの際は、布の破損に注意し、手早く行います。
絞りの種類によって糸抜き法も異なりますが、大体四つに分けられます。
一反に3~4日を要するものも有ります。

 
 

6.仕上げ(湯のし)

反物として巻かれる仕上げと、仮縫いして図柄のわかる絵羽仕上げがあります。

有松鳴海絞りは400年有余の歴史の中で培われた唯一無二の文化と技術があります。
この文化と技術をもって現代の生活をいかに豊かにしていくかそれが私たちの使命です。
これからも有松鳴海絞は革新し続けみなさまに新たなライフスタイルをご提案致します。

有松絞りを使った商品